子供神楽20周年の集大成!石見武道館で炸裂

先月6月24日、25日の二日間県立石見武道館を貸切、いわみ子供神楽フェスタ20周年記念大会を開催いたしました。今から20年前、今は亡き松田昭友氏、橋本敏氏と共に竹内惟臣、小川憲治氏とともに神楽を愛する子供たちの未来のために、後継者育成と青少年健全育成を目的に大会を立ち上げました。あれから既に20年が経過したとは年月が過ぎゆく速さをあらためて感じています。現在この大会はすっかり地域の行事として定着しており、神楽を継承する子供たちの励みの舞台となっているように思います。その第一回大会で参加した小学生たちが現在20台となり浜田に定住し、子供神楽の指導者として頑張っている姿をみると本当にうれしく思います。大会の大きな目的は確実に達成されつつあると確信しました。

今回は二日間にわたり計16団体の子供達の素晴らしい舞を見せてもらいました。

また途中、「子供神楽の未来」と題したシンポジウムを開催。現在頑張っている小中学生に第一回参加した若者を加え子供神楽の今までの役割と今後子供神楽が地域に何をもたらすか?会場の皆様に問題提起もさせていただき、20周年記念式典も含めとても有意義な節目の大会と自負しています。今後はさらに子供神楽振興のために指導者育成、地域で神楽を支える環境整備にも努力していきたいと決意した大会でした。協力企業、関係者をはじめ来場いただいた皆様本当にありがとうございました。