今回九州地方での記録的な大雨による大変な被害を受けた方々にお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられたことのご冥福を祈ります。

浜田市も過去にも水害による多大な被害を受けました。今回の雨はその数字を超えるもので本当に不安を感じ、あらためて自然災害の恐怖とその備えの大切さを痛感しました。

さて本日大雨警報の中で予定していた「川神裕司後援会事務所開き」を予定通り開催いたしました。驚くような雨が午前7時すぎから地面を激しく打ちつける状態の中、延期も考えましたがスタッフと相談し実施したところです。薬剤師会会長をはじめ市内の医療機関の先生も同席していただきました。田中耕太郎後援会長からの激励挨拶や同級生からのガンバローコールも無事終了し予定通り1時間で終了。とにかく大雨の中、必ず予定時間には終わるという約束は守れました。

私の決意表明では、私の過去の経験、医療人としての強み、を活かし今私にできる「まちづくり」を実践するために再挑戦することに中途半端な気持ちはありません!そのことを理解してほしいと参加者に訴えました。批判ではなく市民と話し合いの中で共にまちを創っていく前向きの活動を必ず実施すると参加者に約束しました。是非共に少しだけでも町に新しい風を起こしましょう。参加された方々、大雨の中本当にありがとうございます。


今年も4月22日長澤神社の春季大祭前夜祭として長澤神楽社中が神楽奉納させていただきました。今回は長年の夢であった「塵輪」の赤鬼、白鬼の鬼着が完成しお披露目の運びとなりました。社中員一同感慨深く演目を上演!製作費もとても高額でしたが(笑い) 神楽に関しては若手がとても頑張ってリードしてくれています。先代の教えもきちんと守り舞っている姿は頼もしいものです。我々も後方支援をしっかりやってやりたいです。

また翌日は恒例の神輿を担ぎに神社に出向きましたが、今年は特に多くの県立大学性が参加してくれていて結構楽をさせてもらいました。男女合わせて13人くらいが長澤神社のイベントに参加してくれて神輿のあとの飲み会も楽しく話ができました。地域活動が益々低迷していく中で大学生との交流はとても大きな意味があると感じています。せっかく多数の大学生が浜田に住んでくれているのに、お互い交流しないのはもったいないことだと思います。大学生との交流、積極的に行ってみませんか。


少し肌寒い2月25日長浜埠頭に護衛艦「まつゆき」が久々の入港です。今まで3回入港してくれた「まつゆき」は浜田港とはご縁のある船で懐かしい友人と再会したような感じです。この船は現在の最新鋭の運航機器やミサイル、アスロック等を搭載はしていない一世代前の船ですが、まだまだ現役として頑張っています。今回の入港は浜田市や浜田地区防衛協会が防衛省等に働きかけをしている、海上自衛隊関連施設の誘致活動の一環としても積極的にお願いして実現したものです。防衛協会としても秋には「しらせ」の入港が概ね決定しており、より一層の市民に対しての海事思想の普及や自衛隊に関して正しい知識とその役割を知ってもらうために素晴らしい港湾への護衛艦等の誘致に積極的に取り組んでいく予定です。 ちなみに搭乗自衛官の皆さんから浜田への上陸はとても楽しみにしていたとの話もあり、浜田市としても自衛官の皆さんに愛してもらえる浜田を目指していければいいですね!また緊迫が高まる日本海情勢においても今後の浜田港の位置づけは極めて大きなものとなっていくことは間違いありません。


先月奈良の風物詩である「天平祭」に石見神楽長澤社中が出演させていただきました。ここ数年奈良県庁の方やバサラ祭り実行委員会の方々とも強いご縁ができ、お呼びいただいているわけですが、今年は神武天皇崩御2600年という節目の年です。私達社中としてもその節目をお祝いする意味でも今回「神武」を上演。当然のごとく「大蛇」を上演して多くの来場者から高い評価を得ることができました。実は「天平祭」は今年より「みつきうまし祭り〜平城京天平祭」と名前を変え新たな感動を与えてくれる祭りに生まれ変わりました。ちなみに当日はブルーインパルスによる展示飛行があり天平の空に素晴らしい飛行の軌跡を描いてくれました。石見の国と飛鳥の国の交流が進み新しい発見が起これば楽しいですね。


10月9日〜10日にかけて尾張の国名古屋において第49回日本薬剤師会学術大会が盛大に開催されました。サブタイトルとして「プロフェッションを追及する」を掲げ全国から多くの薬剤師が名古屋国際会議場に集結。厳粛な式典のあと、「宇宙を拓き地上にイノベーションを興す」と題してJAXAの宇宙探査イノベーションハブ・ハブ長である國中均先生のお話を興味深く聞かせていただきました。その中で特に印象に残る言葉として「小さな技術革新が世界を先導し、次の未来を開いた。決まった未来はない。未来は創るもの。そのためには挑戦なくして未来は開かない」というフレーズがあります。私たちの業務や個人的ライフワークにおいてもとても参考になる言葉です。はやぶさの奇跡的帰還は多くの感動とともに決してあきらめない強い意志とイオンエンジンのポテンシャルを高めた日本の技術力です。諦めず挑戦することがいかに大切か改めて感じました。 その後ジェネリック協会の講演会に参加、分科会の中から「地域包括ケアと薬剤師の役割」を選び研修させていただきました。とにかく薬剤師も今後は地域医療の一員として他の医療・福祉の方々と連携しながら貢献していかなくてはならないですね!とにかく先端技術も体感できた有意義な一日でした。味噌カツやエビフライもしっかりいただきました。


(1) 2 3 4 ... 25 »