11月20日〜21日 大阪市立大学サテライト校でグローバル経営学会第6回シンポジウムが開催されました。
今回のテーマは「グローバル経営の実践」。私も本学会に席をおいていますが、今回は「日本文化を世界へ発信」と題して特別講演を受け持たせていただきました。具体的には日本文化の中でも私の郷土の宝「石見神楽」に特化した講演を行いました。併せて石見神楽「恵比須」の上演も行い参加者に喜んでいただいたと思います。当日学会会員は当然のこと日本人学校の生徒(ベトナム他)も参加してとても盛大にプログラムが展開されました。
ちなみに、発表論題の一例としては、「脱原子力発電について考える」「水素ステーションの開発」「脳情報通信の解明に関する研究」「公的助成ファンドの意義と課題」等多彩でした。私も目いっぱい石見の魅力を多くの人々へ伝えながら、グローバルな感覚で日本文化を世界へ発信していきたいと思います。


先月「くまもとから元気をプロジェクト」という企画で人気者くまもんが浜田市を訪問。
これは熊本県が全国を訪問して熊本の魅力を伝える企画で島根県は松江市と浜田市を訪問することになったようです。浜田市では長澤神楽社中の舞う「加藤清正虎退治」とコラボ。三宮神社で神楽奉納をしている最中クマモンが乱入。登場した虎と格闘の末、見事虎を投げ飛ばし会場は大きな拍手。肥後の国熊本と石見の国浜田市の清正を通した交流の一場面でした。
私もクマモンにいじられたひと時でした。
これを機会に熊本での清正上演の話が盛り上がっているのは喜ばしいことです! 根観光大使「吉田くん」等元気な姿で登場していました。


8月23日世界こども美術館において、子供美術館まつりが開催されました。 私も久々に美術館に入り祭りを楽しみました。
参加者は思ったより多くたくさんの家族連れで大盛況。この施設は美術館部門と創作活動部門で構成されていますが、私個人としては創作活動に関しては地域の子供たちの創作意欲を盛り上げる有意義な場所だと思います。
美術館建設当時は建設に関する膨大な投資が問題となり大きな議論となったのを思い出しましたが、すでに建設された施設を有効活用し様々な可能性を求めていく必要があります。
この日は私も長澤神楽社中として石見神楽の上演で、祭りを盛り上げてきました。またこの日は各地から「ゆるきゃら」が集合。島根県立大学ゆるきゃらの「おろりん」や島根観光大使「吉田くん」等元気な姿で登場していました。


先日6月11日 東京赤坂インターコンチネンタルホテルで標記の会合が開催され、あわせて自民党薬剤師問題議員懇談会が日薬連盟と合同で盛大に開催されました。

今薬剤師を取り巻く環境は大きく変化!特に医薬分業の在り方については国民的議論までに発展しています。私たち連盟は薬剤師の能力を適性に評価していただき、国民の健康保持のために薬剤師の職能が発揮しやすくするための政治活動を行っています。ただ政治力も必要ですが、薬剤師自体の資質向上が大前提なのは言うまでもありません。皆さん薬剤師のことをもっと知ってください。


6月14日日曜日、治和六丁内周布古墳のある場所で今年も周布古墳を学び山女を食べるお祭りが開催されました。この祭は10年前に重要な古墳でありながら広く知られていない周布前方後円墳をもっと広め地域の活性化に繋げようとの想いで企画しました。私も発起人の一人として手伝ったのがつい昨日のことのようです。

今回は10周年で私も感無量です。勉強会では「周布地区の大昔の道具」について藤田大輔氏が講演。その後山女魚を食べながら石見神楽周布青少年保存会の神楽、県立大学の大道芸で楽しみました。ちなみに県立大学学生も毎年手伝ってくれています。

今後益々この祭りが地域に活力を与えることを祈らざるをえません。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 25 »